へーベルパワーボード

へーベルパワーボード

強くしなやかであることは自然災害に強いこと
圧縮にも引張りにも強く、柔軟な目地を持つパワーボードは災害の外力に耐えるとともに、上手に受け流す発想です。

    地震の時も構造体の負担が少ないコンクリート建材です

    日本は地震大国。壁の重量が重いと、地震時の揺れや、構造体にかかる負担は大きくなります。コンクリートでありながら水に浮くほどの軽量性も兼ね備えたパワーボードは、地震時の建物への負担を軽減します。また、地震時における構造体の変形をパワーボード間の目地で吸収する取付け構造となっており、面内変形試験(地震時の層間変形角を再現する試験)においてもその安全性が確認されています。

    面内変形性能試験

    試験体(施工中)全景 試験体(施工中)全景

    加力変形後の目地部詳細 加力変形後の目地部詳細:
    加力により目地部にズレが生じているが、クラックの発生はない。

    最大級の台風以上を想定した試験をクリアー

    パワーボードは、内蔵されているメタルラス網が強度を充分に補強し、日本のほとんどの地域を網羅する過去最大級の台風(基本風速38m/s)の正圧・負圧に対しても充分な強度を持っています。正圧210kgf/m2、負圧150kgf/m2の強風にも耐える設計になっており、実大実験では、負圧の設計荷重の3倍をはるかに超える540kgf/m2まで耐えることができました。また、台風時の風雨を想定した水密試験でも、異常はまったく見られませんでした。

    耐風圧強度試験

    耐風圧強度試験 パワーボードを柱へ取り付けている木ねじ部分から、パワーボードが引き抜けた状態(最大荷重:負圧540kgf/m2{5295N/m2})。 設計荷重の3倍以上の耐風圧強度を確認することができました。

    業界初の漏水保証をご確認ください

    10年漏水保証 パワーボードは業界初のシーリングを含む10年漏水保証を実施しています。(元請様が対象となります。)

    最も多い住宅トラブル「雨漏り」に強い設計です

    住宅の不具合に関するトラブルの相談で一番多いのがひび割れや雨漏りと言われています。パワーボードでは37mmの厚みとパネル間を埋めるシーリング材、そしてそれら全体をコーティングする塗装材によって雨を防ぎます。

    2007年度 相談における不具合事象・部位

    相談における不具合事象・部位

    出典:2008年6月(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター「住宅相談と紛争処理の状況」
来店予約 借入相談 資料請求
ページトップへ
掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます