家づくりストーリー

人付き合いを何よりも優先させているサンエルホームは私の希望や妻の夢を現実のものにしてくれるために一生懸命です

熊谷店熊谷市 N様

    私は、初めての家づくりというのは、誰でもとまどいがあり、一歩控えてしまうものと考えていました。
    子供も無事生まれ、一年が過ぎようとしていた私は、そんな家づくりをどうしようか考え始めた頃でした。
    アパートに一通のオレンジ色をした派手な手紙が一通届きました。
    宛名は『サンエルホーム』からでした。
    よくあるこんな家に住みませんか?とか○○○万円で家が買えます!みたいな【押し売り的」なダイレクトメールと私は考えました。
    しかし、内容は一方的な押し売り感のない、手書きの手紙でした。
    (ここは何か他のメーカーと違うな・・・行ってみようかな?)

    早速、モデルルームに入ると、当たり前のように営業マンが・・・
    いない?
    (何だ?ここには、誰もいないのか?)と勝手に思い込み、モデルルームを散策し始めた。
    すると「いらっしゃいませ」の声と共に一人の営業マンが現れた。
    (何だ・・・せっかくゆっくり家を見れると思ったのに。)とこれから始まる営業トークを待っていたが・・・。営業マンは何もじゃべらない。(何だここの営業マンは?他と違うぞ!)
    そんなことを考えているうちに、モデルルームを見終わってしまった。最後まで『謎の営業マン』は何も語らなかった。
    (わからない。サンエルホームの良いところとか、経営方針とか、コスト面とか・・・)
    このままでは何しに来たのかわからない私は、そのご案内された事務所に進んで入っていく。

    そこに入って紹介されたのは、熊谷店のリーダー平井さん。彼から言われた一言で『謎の営業マン』の正体が明らかになった。
    どうやら彼の入社にて、初めてのお客様は私達だったようである。
    全てに納得がいき、いつの間にか私の『押し売り的なハウスメーカー』の壁は取り払われてしまった。

    それからの私達は、家づくりに対する熱意と現在の環境を訴えました。
    それはもう「他を当たってください」と言われても仕方がないくらいに、半分焦っている私達に平井リーダーは丁寧に一から説明してくれました。
    新人川田さんも一緒になって説明を聞いていました。
    それからは、新人川田さんと共に勉強をしながら今私達の家づくりの構想が完成、現在は構想を実現するよう家づくりの真っ最中です。

    人付き合いを何よりも優先させている『サンエルホーム』は私の希望や、妻の夢を現実のものにしてくれるために、一生懸命です。
    そんな『サンエルホーム』にはとても感謝しています。


家づくりストーリー

鴻巣市 T様 熊谷市 E様 熊谷市 N様
来店予約 借入相談 資料請求
ページトップへ
掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます