家づくりノウハウ

お金2016.02.22

繰り上げ返済で利息を軽減

返済途中で資金ができた場合には、予定額以上に返済して返済期間を短縮したり、月返済額を減らすことができます。これを繰り上げ返済と言います。
期間短縮型と返済額軽減型の2つがありますが、どちらの場合も繰り上げ返済金は元本に充当されますので、その分の利息が軽減され、総額が圧縮されます。 期間短縮型 数回分をまとめることでその分の期間を短縮します 返済額軽減型 元本が減りますから返済期間を変更しなければその分返済月額を減らすことができます 繰り上げ返済のコツ 複数のローンがある場合金利の高い方から繰り上げ返済する 期間短縮型のほうがより利息を圧縮できる 繰り上げ返済は100万円以上から(フラット35など)金融機関によって異なる 繰り上げ返済は残債の多い早い段階でおこなう方が効果的 繰り上げ返済には手数料がかかる 変動金利のローン場合金利上昇時に繰り上げ返済すると効果的

年収200万円台で新築一戸建て実現実際のお客様の支払実例を
今すぐチェック

お金のノウハウ一覧に戻る
来店予約 借入相談 資料請求
ページトップへ
掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます